マンションPro リアルスクエア株式会社
10:00~18:00
毎週火・水曜日

住宅ローンの基礎知識 ① ー住宅ローンの金利ー

住宅ローンとは、住宅の建設・購入・改築などのために、

銀行・信用金庫・保険会社・住宅金融専門会社などから

借りるお金のことです。



住宅ローンの返済額は、

● 借入金額
● 金利
● 返済期間

で決まります。

利息負担を軽くし、総返済額を少なくするために、

少しでも低い金利で、短期間で返済することがポイントです!

住宅ローンを選ぶうえで、重要なポイントの一つが金利です。

主な金利のタイプは、「固定金利型」「変動金利型」のふたつに分けられ、

さらに「変動金利型」の中には、

返済開始当初の一定期間、金利を固定しておく「固定金利期間選択型」があり、

大きく分けて3つの種類があります。

 

 固定金利タイプ変動金利タイプ
固定金利型変動金利型固定金利期間選択型

 特  

 


借入時に
全返済期間の適用金利が
決定されている

「フラット35」が
代表例

金融情勢の変化に伴い、
返済途中でも
定期的に金利が
変動するタイプ
「当初5年間は〇%」など
一定期間に
固定金利が適用されるタイプ

 
 ・借入時に返済期間全体の
  返済計画が確定できるので、
  将来にわたって、
  無理のない返済計画が
  立てられる


 ・低金利時に借りると、
  金利水準がどれだけ
  上昇しても、

  金利が変動しないので、
  低金利に基づく返済額を
  確保できる


 ・借入後に市中金利が
  低下すると、
  金利の低下に
  合わせて返済額が下がる


 ・固定金利期間中は
  返済額が確定できる

 ・固定金利期間終了後に
  市場金利が低下すると、
  金利の低下に合わせて
  返済額が下がる


 ・高金利時に借りると、
  将来にわたり高金利に
  基づく返済額を負担する
  ことになるので、

  借入後に低金利になっても
  返済額は変わらない

 ・変動金利より金利が高め
  設定されている

 ・借入後に市中金利が
  上昇すると返済額が
  増える

 ・借入時に将来の返済額が
  確定されないので、
  返済計画が立てにくい

 ・原則として半年に1度、
  適用金利が変わるが、
  毎回返済額は、
  5年間一定

 ・固定金利期間終了後に
  市場金利が上昇すると、
  金利の上昇に合わせて
  返済額が上がる

 ・借入時に固定金利期間
  終了後の返済額が
  確定しないので、
  返済計画が立てにくい

 

 

変動金利の中で、適用金利の上限を設けた「上限金利設定型」、

金利タイプを自由に選べる「ミックス型」などもあります。

 

 上限金利設定型ミックス型
特  徴

金利が上昇しても、
契約時に決めた上限金利以上には
適用金利が上昇しないよう
特約をつけて変動金利型ローン。

特約がついた分、
通常の変動金利型よりも
金利が高く設定されている。

借入額のうち、
一部を変動金利型とし、
残りを固定金利型
振り分けられる住宅ローン。



 

お客様に安心してご来店頂けるよう、弊社では新型コロナ感染対策を実施しております。

アルコール消毒設置
店舗入口や各テーブル等にアルコール消毒の設置をしております。

接触箇所の消毒
ドアノブ、テーブル・椅子等の消毒を定期的に行っています。

内見時および店舗内の換気
定期的に換気・消毒を行っています。

接客時の対応
お客様を対応する場所には、アクリル板を設置しております。

スタッフの取り組み
マスク着用の徹底、出勤前の検温、感染を疑われる症状の有無の報告を実施しております。

 


お客様へのお願い

お客様につきましても来店の際にはマスクの着用・手指のアルコール消毒をお願いしております。

大変ご不便、ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解ご協力をお願い致します。

この記事を書いた人
古 谷 晃 美  フルヤ     アケミ
古 谷 晃 美
入社7年になります。 住居用賃貸・売買不動産の仲介営業に従事。 お客様の不安やお悩みが解決できますよう、最善を尽くします。どちらかというと、女性の方から信頼を得ることが多いようです。女性のお客様もお気軽にご相談ください。
arrow_upward