マンションPro リアルスクエア株式会社
10:00~18:00
毎週火・水曜日

昭和バブル期に購入して長年所有した投資用区分マンションの売却

オーナー様が購入されたのは、平成2年のバブル真っただ中。

ご購入金額も相当な価格だったようですが割に合わず売却決意。

長年所有した投資用マンション売却

昭和56年10月、建築確認申請の新耐震マンションです。

4ヶ月前の建築確認申請なら、旧耐震マンションでした。

 

オーナー様が購入されたのは、平成2年のバブル真っただ中。

中古で買ったようですが、購入金額も相当な価格だったようです。

 

新築分譲時は、事務所として分譲された部屋を、

住居として賃貸していました。

管理規約でも事務所・住居どちらも認めていたので、問題ありません。

 

20年近くの所有期間に、何度か大規模にリフォームを行い、

当時のワンルームにありがちな、「バス・トイレ同室の3点セット」を

「バス・トイレ別」にリフォームしたり、

キッチンの交換を行うなど、こまめに手直しされていました。

 

賃料が、月額6万前後に、毎月の管理費等が14,000円、

年間固定資産税40,000円

  60,000円 ー 14,000円 =   46,000円
  46,000円   ×   12ヶ月 = 552,000円
552,000円 ー 40,000円 = 512,000円

年間手取り収入が、50万円程度

入居者が入れ替わる度に、原状回復費用の負担で、

大した収入になりません。

 

築年数が30年を超えると、不具合箇所も多くなり、

オーナーさんの負担も多くなってきました。

 

また最近は投資ブームもあり、

投資専門の不動産会社からの営業電話もしつこいらしく、

どうしたものかと悩まれていました。

 

当社にて賃貸管理を行ってきましたが、

オーナー様もご高齢になり、資産整理をしておきたいとのご意向で

売却を決意されました。

不動産投資したい需要は多い

現在でも新築の投資用マンションが多く、

分譲されている横浜でも人気の区分投資マンションエリアです。

 

古いマンションですと、14㎡~18㎡が多いのですが、

今回ご依頼の区分投資マンションは、

このエリアでは珍しく28㎡と広めの1Kで、バス・トイレ別。

 

ブルーライン「吉野町」駅徒歩3分の立地の良さで

売却期間1ヶ月で成約!

ダイアパレス千歳第二

横浜市南区二葉町
ブルーライン「吉野町」駅徒歩3分
専有面積:28.41㎡ 
間取:1K 
構造:鉄筋コンクリート造7階建
築年:1982年(昭和57年)築
総戸数:58戸
施工:冨士工

この記事を書いた人
坂 本 賢 一  サカモト   ケンイチ
坂 本 賢 一
これまで「提案力」を武器に、不動産取引を行って参りました。 知識・経験を積み重ね、お客様との強固な信頼関係を築くための営業スタイルを意識するようになり、お客様に応じた提案はもちろんのこと、難しい案件ほど状況報告やフォロー等で、こまめにお客様との接点を持つように努めています。 継続とは力なりで、お客様と良好な関係を築くことができ、今では多くのご紹介のお客様とお取引させて頂くという嬉しい成果となりました。 難しい案件ほど燃えます! 頼んで良かったと喜んでもらえるような心ある仕事に努めます。

お問い合わせ

INQUIRY
必須
必須
物件の種類
現状
郵便番号
arrow_upward