リ ア ル ス ク エ ア 株 式 会 社
10:00~18:00
毎週火・水曜日

住宅ローン滞納したら督促状が来た?

住宅ローンを滞納し始めてから数か月が経ってしまいました。
そのまま放置していると、この先どうなるのでしょう。

督促状が届いてしまったら

住宅ローンを滞納してから最初の月は、銀行から電話で「返済の遅れがあります」
と連絡があり、お支払いのお願いの手紙が来ます。

それでも滞納を続け、滞納2ヶ月を過ぎると
銀行から来店依頼の電話や手紙が届いて、事情説明を求められます。

そして「督促状」が届きます。
督促状とは支払催促の通知です。

更に催促状を放っておくと、「催告書」が届きます。

催告書は、「期日までに全額を一括でお支払い下さい。」
という内容の書面で、競売等の法的手段になりますという通告です。

放置し続けると、事務的に段々厳しい態度に変わってきます。

現実を考えたくない気持ちも分かりますが、
できるだけ早めに銀行に連絡して事情説明をして誠意をみせましょう。
その後、任意売却することになった場合でも印象が違います。

返済の滞納が一時的なものである場合は、
きちんと事情を説明することで、
返済条件の変更などの相談に応じてくれる場合もあります。

税金の滞納をすると

市県民税、住民税、固定資産税、都市計画税等の税金を滞納すると・・・

税は、借入金ではありませんので抵当権設定はしていませんが
支払義務がありますので、滞納を放置していると、
いきなり所有不動産に差押えをしてきます。

任意売却を考えているのであれば、
税金の支払いについても事情説明して延納などの支払方法の変更などの
相談をしてみるのも一手です。

役所も差押えをされたら債権者の一つですので、誠意ある対応をしておくべきです。

さらに放置すると

更に更に放置すると債権者が裁判所に競売の申し立てを行い、
競売開始決定となると自宅に裁判所の執行官と不動産鑑定士がやってきて
不動産評価と現状の確認をします。
居留守を使っても鍵開錠業者を連れてきますので、鍵を開けて入ってきます。
そのまま競売に進むと入札が行われ、
落札者が決まると最終的には強制的に退去させられます。

引越し代などはもらえず、住所氏名など官報に掲載され競売になったことが
周囲に知られてしまいます。

自己破産するからどうでもいいと思っている方へ

すべてを放置しているといずれは、裁判所の競売になります。

自己破産するからどうでもいいと考えている方もいるようですが、
任意売却と違って自己破産するには、費用と時間が掛かります。
早くても6ヶ月~1年です。

費用も概ね20~50万円は必要で、弁護士か司法書士に依頼する必要があります。

財産があるうちは、自己破産の免責は受けられないので、
競売完了まで自己破産申請の状態になります。

自己破産申請すれば借金の催促を止めることはできますが、
自己破産申請しなくても返済の催促は止められます。

任意売却してから自己破産する方法と
自己破産申請して破産管財人にて競売にしてしまう方法があります。

どちらが良いかは一概には答えられません。
それぞれの事情によりますので詳細をご相談下さい。

自己破産と任意売却は別物です。

自己破産するには、預貯金20万、現金99万円以下しか所持することは許されず、
資産となる車なども処分しなければなりません。
処分した資金は債権者に配分されます。

競売申し立てをされてから任意売却に切り替えるには、
債権者に別途競売取り下げ費用が掛かるので、
債権者の同意が得られにくくなります。
任意売却にするなら早めにご相談を。

この記事を書いた人
坂 本 賢 一  サカモト   ケンイチ
坂 本 賢 一
これまで「提案力」を武器に、不動産の仕事を続けてきました。 知識・経験を積み重ね、お客様との強固な信頼関係を築くための営業スタイルを意識するようになり、お客様に応じた提案はもちろんのこと、難しい状況ほど状況報告やフォロー等で、こまめにお客様との接点を持つように努めています。 その結果、お客様と良好な関係を築くことができ、ご紹介のお客様が増える結果になりました。難しい案件ほど燃えます!知識経験を活かし、お客様に頼んで良かったと喜んでもらえるような仕事をしていきます。

お問い合わせ

INQUIRY
必須
必須
物件の種類
現状
郵便番号
arrow_upward