リ ア ル ス ク エ ア 株 式 会 社
10:00~18:00
毎週火・水曜日
2020年11月01日
地域情報

2020年度 金刀比羅大鷲神社「酉の市」

酉の市とは、俗に「お酉様」とも呼ばれている大鷲神社の例祭で

横浜の初冬の風物詩となっています。

毎年11月の酉の日に行われ、年によって二度(二の酉)または三度(三の酉)行われます。

そして、なぜか三の酉まである年は火事が多いとされています…

詳しい説明は

東京消防庁 - 三の酉の年は火災が多いって本当?

また1991(平成3)年11月1日には、横浜市無形民俗文化財第一号として登録されました。

【アクセス】

・横浜市営地下鉄ブルーライン「阪東橋駅」より徒歩5分
・JR京浜東北根岸線「関内駅」より徒歩15分

今年度の開催は・・・

毎年、お酉様の時期を迎えると、今年もいよいよ終わりだなぁと感じるのですが


今年度の開催はコロナ感染防止のため、大変残念ですが諸行事中止となってしまいました。

詳しくは[イベントホームページ]

お酉様のはじまり

酉の市の始まりは遡ること江戸時代、現在の東京都足立区の大鷲神社にあるとされ、

近隣の農民たちが秋の収穫を祝って、鷲大明神に鶏を奉納したのが

始まりだといわれています。(所説あるそうです。)

その後、開運招福や商売繁盛を願う祭りとなり、縁起熊手なども人気となり

たくさんの人から親しまれる祭りとして定着していったそうです。

 

大きな熊手!

このお酉様で売られている名物の縁起熊手!

熊手の形が「福をかき集める」とされ、最初の年には小さい物を購入し

次の年には少しだけ大きなものを、その次の年にはまた少しだけ大きなものを…

というように、商売が繁盛し大きくなっていくにしたがい、

熊手も大きくしていくというのが縁起がいいとされています。

また、この熊手を買うときに、値切れば値切るほど縁起がいいとされ、

熊手商との駆け引きも楽しみの一つのようです。

例年通りなら、古い熊手を納める場所があるのですが、

今年はコロナ感染防止の為、熊手商の出店が中止なので納める場所がありません…。

来年の開催を期待してもう一年飾っておくか

住んでいる地域の分別方法で処分するしかないようです。

早い事態の終息を願うばかりです…。

この記事を書いた人
土屋 かすみ  つちや
土屋 かすみ
アシスタントをしています。横浜生まれ横浜育ちの生粋の浜っこです♪ 生まれてこの方、一度も横浜を出て暮らしたことがありません! 7歳のわんぱく男子の育児真っ最中!お子様連れ大歓迎です!! 地域の子育て情報や、街の雰囲気などを含めた周辺情報の紹介も出来るように心がけています。
arrow_upward