マンションPro リアルスクエア株式会社
10:00~18:00
毎週火・水曜日

知る人ぞ知る、横浜市都筑区のビーフセンター

前回の「横浜の昭和から続くお魚屋さん」に続き、


今回は、お肉屋さんの「野本畜産」をご紹介したいと思います。

野本畜産(のもとちくさん)

ビーフセンター直営店

住所:横浜市都筑区折本町340-1

電話番号:045-478-5052

営業時間:8:00 〜 19:00

定休日:毎週火曜 (祝日は営業)

こちらは、横浜市港北区にある「野本畜産」という

食肉の総合卸問屋の直営店です。

 

場所は、第三京浜「港北インター」近く。

北欧デザインの家具でおなじみのIKEAが近くにあり、

IKEAからだと新羽方面へ向かう、緑産業道路沿いにあります。

公共機関をご利用の場合は、

横浜市営バス「折本町」で下車。

バス停からは徒歩2分ほどです。

バスは、JR横浜線「中山」駅、「新横浜」駅

ブルーライン「新羽」駅、

JR京浜東北線「鶴見」駅西口から、出ているようです。

赤い看板が目を引くコンパクトなお店で、

お店の横には10台ほど停められる

駐車場が完備されています。


混雑時には駐車場入口に誘導員がいるほどの人気店で、

クリスマスや年末年始はもちろん、

特売日や土・日・祝日は、駐車場待ちの車の列ができるほどで、

お店に入るにも行列ができます。

ですので、並ぶのは苦手、という方は、

平日に行くのがオススメです!

 

店内は、3方にショーケースがあります。

正面が、和牛肉(松坂牛あります!)

左側に、から揚げ、コロッケやメンチカツなどの揚げ物、

ソーセージやホルモン、焼肉用の味付きお肉など。

そして、右側には、豚肉(岩中豚肉)、鳥肉(大山千鳥)

というように、知る人ぞ知る、

品質の良い、おいしいお肉がズラリと並んでいます。

価格はそれほど安い、という訳ではありませんが、

どのお肉も新鮮なので、やわらかく、

甘くて、臭みがありません

 

また、こちらの工場は、衛生管理を徹底してるそうで、

清潔な器具、まな板、包丁などの使用を徹底し、

全ての作業にゴム手袋を使用。

特にまな板は一定時間で交換し、

包丁、ゴム手袋は牛が変わる毎に消毒しているそう。

また加工時ばかりでなく、

一日の作業の終了後にも一時間半もかけて

全員で工場内を清掃し、使用した機材をすべて清掃するそうです。
(ホームページより引用)

安心して、おいしいお肉が食べられますね!


お惣菜のから揚げ、メンチカツやコロッケもおいしいです。

私は出会ったことがないのですが、

カツサンドもあるそうです。

ただ、すぐに売り切れてしまうそうで、

お店に行って売っていたら、ラッキーですね!

もしも、ショーケースの中に欲しいお肉が

売り切れでなくなっていても、

工場にお肉があれば、その場でカットしてもらえますし、

事前に連絡を入れておくと用意しておいていただけます。

 

いろんな部位を、欲しい分だけ購入できるのが、嬉しいですね!



野本畜産は、横浜市青葉区にある

あざみ野ガーデンズ」内にもあるそうです。

 

地方発送もしていただけるので、贈答品としても喜ばれそうですね!

 

お客様に安心してご来店頂けるよう、弊社では新型コロナ感染対策を実施しております。

アルコール消毒設置
店舗入口や各テーブル等にアルコール消毒の設置をしております。

接触箇所の消毒
ドアノブ、テーブル・椅子等の消毒を定期的に行っています。

内見時および店舗内の換気
定期的に換気・消毒を行っています。

接客時の対応
お客様を対応する場所には、アクリル板を設置しております。

スタッフの取り組み
マスク着用の徹底、出勤前の検温、感染を疑われる症状の有無の報告を実施しております。

 


お客様へのお願い

お客様につきましても来店の際にはマスクの着用・手指のアルコール消毒をお願いしております。

大変ご不便、ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解ご協力をお願い致します。

この記事を書いた人
古 谷 晃 美  フルヤ     アケミ
古 谷 晃 美
入社7年になります。 住居用賃貸・売買不動産の仲介営業に従事。 お客様の不安やお悩みが解決できますよう、最善を尽くします。どちらかというと、女性の方から信頼を得ることが多いようです。女性のお客様もお気軽にご相談ください。
arrow_upward